遺品の着物の処分の仕方

遺品の着物の処分の仕方

遺品で出てきた、もしくは譲り受けることになったの着物の処分の仕方は、大きく2つあります。1つは、もう一度、仕立て直して着ることです。もちろん、仕立て直さなくても、自分にぴったりのサイズであれば、そのまま着て大丈夫です。遺品の着物の保存状態がよい場合は、もう一度、クリーニングに出し、そのうえで着ることをおすすめします。着物は比較的ゆったりと作られているので、着付けがうまくできれば、どんな体形でも合わせることが出来るからです。もう一つの方法は、着物をリメイクすることです。保存状態がよくなかったり、一部虫が巣くってしまっていたり、カビが生えてしまっている場合や、着物のデザインが自分の趣味にはちょっと合わなかったりして、自分の着物としては着るのが難しい場合は、別のものにリメイクしてください。着物からいろいろなものが作れます。定番の小物入れだけでなく、ワンピースや、日傘といったものまで幅広くリメイクできます。布地の柄が華やかでインパクトがあるので、普通の布よりも大変見栄えがします。型紙をインターネットや本から手に入れさえすれば、すぐに作れます。また、ワンピースや日傘でのリメイクは専門のお店に頼めば、作ってもらえますので、ぜひ、チャレンジしてください。